つれづれ語り

和楽器つれづれ

日本の楽器は「田楽」〈田植えの時の音楽〉を始め、神事と結びついて生まれました。

楽器の音が邪気を払い、神を招き、神を寿ぐ。

神の為の音楽が時代を下るに従い、人の為の音楽となりました。

それでも、神の為のものだった名残はあると思います。

「楽器」という呼び名です。「音の器」。「器」は「宿すもの」。「宿るもの」は「神」です。神ばかりが宿るわけではないのでしょうが、人外のものをも宿したりします。

ところで、英語では「musical instrument」=「音楽の道具」。

ずいぶん違います。

カバンにひとつ邪気を払い、神を呼ぶアイテムを。

**********************************************************************************

扇つれづれ

扇が別名「末広(すえひろ)」と言います。

末広がり=縁起物です。能楽の小道具の1つに「中形(ちゅうけい)」〈完全に閉じない形で止まる扇〉があります。中形も取り入れた扇尽くしです。

カバンにひとつ縁起物を。

**********************************************************************************

エルンスト・クライドルフつれづれ

巾着「春秋草と虫のオーケストラ_からし」木綿100%他★サイズ:W20×H18cm※3,000円

エルンスト・クライドルフ。というスイスの挿絵画家のファンです。

擬人化した植物や虫を、繊細で生き生きとしたタッチで描いた、数々の作品は

いつ見ても見飽きません。

初めて作品を見たとき「友禅に通じる!」と、すぐに思いました。

ペンで描かれたラインが糸目糊で描くラインを連想させたのです。

スイスの草原の世界を日本の布へ。

あなたのカバンにひとつ、スイスの草原のエッセンス。

**********************************************************************************

百鬼夜行つれづれ

浮世絵師・歌川国芳、日本画家・川鍋暁斎の描く「百鬼夜行絵巻」が昔から好きです。

愛嬌たっぷりの1つひとつのキャラクター。

生き生きとした表情や身振り手振り。
作られてから100年を越えた「モノ」には魂が宿る…「九十九神(付喪神)」です。

これらの神様たちのパレードが百鬼夜行。鬼=神の晴れの舞台。
この世界を表現したくて出来たのがこのシリーズです。
あなたのカバンの中に神様をひと握り。

**********************************************************************************

兎つれづれ

面白いことに日本でも欧米でも、

うさぎは昔から人気のある縁起物=ラッキーアイテムです。

うさぎの子だくさん=子孫繁栄。

今ではメジャーになりつつある、欧米のお祭りのひとつが「イースター」。

イースターのシンボルのひとつがうさぎです。子孫繁栄は復活に通じます。

引き出しにひとつ、カバンにひとつ世界共通のラッキーアイテム(縁起物)を。

**********************************************************************************

猫つれづれ

日本では言わずと知れた「招き猫」。

昨今の猫ブームでこちらの影が薄くなったようにも思いますが…。

そもそもの「招き猫の由来」。おさらいしてみます。

昔の日本の家は今ほど機密性が無かったので、せっかく収穫した農作物や貴重な家財が、ねずみの被害に合うことも珍しくはありませんでした。そのねずみを駆除してくれる猫は、農家にとっても商家にとっても有り難い「猫様」。そこで、優秀なハンターの猫を「おいで御出で」と呼ぶことから生まれたのが「招き猫」。また、猫が住み着いた家は商売繁盛に繋がるため、「幸運を呼ぶ動物」と言われるようになりました。

ちなみに「右手」を挙げている猫は“お金や金運”を、「左手」をあげている猫は“人を招く”と言われています。

色々書きましたが、こちらの品物には手を挙げている猫は、1匹を描かれていません。私が猫好きなので、ひたすら描きました。と言うのが本音です。

あなた猫コレクションにこちらもひとつ。

**********************************************************************************

鸞(らん)つれづれ

しょっちゅう「鳳凰(ほうおう)」と言われてしまう鳥モチーフです。

どちらも瑞鳥(ずいちょう=お目出度い鳥)ですが、ここは敢えて「鸞(らん)」です。

単体で登場することもありますが、仙人や神を乗せて登場することもしばしば。

神仙の乗り物にふさわしいとされていました。鳳凰との違いはクチバシに巻物を加えているところ。

神仙も好んだ瑞鳥をカバンにひとつ。

**********************************************************************************

龍つれづれ

龍モチーフはおもしろいことに東洋と西洋で、まるで扱いが違う動物です。

東洋では「神」、西洋では「怪獣」。私が描く龍はもちろん「神龍」、そして「雲龍」です。恵みの雨を呼び、五穀豊穣をもたらす神。神ですからいつも「美しくあれ!」と思いながら描いています。

この龍神様は中国から伝わりました。本場の中国では、龍の扱われ方にいろいろと「決まり事」があります。何しろ、龍は皇帝の力にシンボルとされていましたから。

その決まり事の1つが「龍の爪の数」。5本爪の龍モチーフは皇帝と高位の貴族のもの。4本爪の龍は位の低い皇族と貴族のもの。3本爪の龍は一般市民も使えるモチーフでした。これを踏まえて、私の描く龍は全て「3本爪の龍」。えぇ、私は庶民ですから!

引き出しにひとつ、カバンにひとつ、豊穣の神を。

**********************************************************************************

神楽坂つれづれ

我が家の家の近所に「神楽坂」という場所があります。

子どもの頃から知っている街に、感謝とお礼の気持ちも込めて描いているシリーズです。

神楽坂と言えば…石畳、黒板塀に見越しの松。

なぜか昔から多くいる猫。

街の中心にある毘沙門様(善国寺)。

かつては通りを彩った芸妓さん。そのシンボルとしての扇。

今も残る料亭や割烹。こちらも昔からいる(ある)フランス人とフレンチのお店。

このシンボルとして、チーズやワイングラス、カフェの店先。

神楽坂とフランスの関係は、神楽坂をはさんで、お茶の水にアテネフランセという老舗の語学学校。市ヶ谷に日仏学院があるから、だそうです。これらの双方のアクセスがいいことのほかに、石畳の街並みに故郷を重ねるひともいるとか。

カバンにひとつ神楽坂の「粋」を。

**********************************************************************************

月琴と兎

「月琴(げっきん、moon harp)」という楽器があります。中国生まれ、日本には江戸時代末期にやってきました。月に見立てた真ん丸の胴体が特徴です。「月と兎」。月影に兎を連想するのは日本のみならず、アジア各地にあります。
そして、日本で兎の伝説として1番有名なのは「稲葉の白兎」でしょう。この伝説も取り入れた月琴と兎です。月夜に波の上を渡って行く兎。
古代の逸話をカバンにひとつ。