友禅染めの始まり

友禅染めは、江戸時代中期・延宝時代の京都で誕生しました。
江戸幕府の将軍は第四代・徳川家綱のご時世です。世の中は町人たちがメキメキと財力を持ち、歌舞伎をはじめとした芸能も盛んに行われていた時代です。


当時の京都・知恩院門前には扇絵師「宮崎友禅斎(みやざきゆうぜんさい)」という売れっ子の扇絵師が住んでいました。そのうちに扇の絵ばかりでなく「着物にも書いて欲しい」という注文が入るようになり、着物の図案を書いたところ、これがまた大ヒット!


ヒットの背景には友禅斎が考案した「雛形(ひながた)」という図案集が大きく貢献してました。この本をもとにお客はさらに自分の細かい注文を言えるようになったし、様々な模様を見比べることもできるようになりました。

さらに友禅斎は自分の考え出した図案を、忠実に再現する染色テクニックも編み出しました。それが今日にも伝わる「米の糊で模様の輪郭を描き、その内外を染め分ける」というもの。糊を使った防染は友禅染めの前にも存在していましたが、友禅斎が編み出す前までは着物の模様付けというのは刺繍か、金箔や銀箔を置く、あるいは糸や板で絞り染めするくらいしかなかったのです。

ですが、この友禅染めの方法が編み出されたことで「絵を描くように自在に染める」ということが可能になりました。友禅斎はまさに染めの世界のパイオニア!

画期的な方法の友禅染めでしたが、そのテクニックは難しく、また大量生産もできないため市民には高音の花でした。当時の主な顧客は天皇を始めとした皇族、貴族、大名や将軍。
そこで、もっと簡単に大量にできないかと考えだされたのが型を使ってスタンプの要領で糊を置く方法。しかし、これでもまだまだで、本格的に変わるのは明治時代になってから。

明治3年、京都に化学染料の研究施設・舎密局(せいみつきょく)が設置され、「色糊(いろのり)」と「写し糊」が開発されてからです。

それまで「糊」というのは単純に隣の色同士のにじみを防ぐためのものでしたが、色糊は「色にじみを防ぎつつ染める」という矛盾とも言えるようなことを可能にしました。また、写し糊はその時その時に必要な分の染め分けの型を使い、ちょうど浮世絵のように、版画のように生地を染める技術を可能にしました。