京友禅、加賀友禅、江戸友禅

京都で誕生した友禅染めはその後、加賀(石川県)に伝わり、さらに江戸に伝わります。その結果、各地それぞれの特色ある染めの世界が出来上がりました。
とはいえ「これとこれがあるから、これは京都だ加賀だ江戸だ」とくっきりきっぱり分類されているわけではありません。ですが、見た時に「あぁ、これは京友禅ね、加賀友禅ね、江戸友禅ね」と「分かる」んです。
とっても曖昧であやふやな線引きではありますが、ここからは私が「個人的に」そう思っていることを書いていきます。
本家本元の京友禅は、京好みの「はんなり」とした色使いと華やかな金銀の彩色が特徴です。これはやはり、京都が長らく天皇の在所であったことが大きいかと思います。友禅染めの職人は、顧客…天皇をはじめ、皇族、貴族たち、将軍、豪商。彼らの需要や好みの通りに作り上げ、またその要求以上のものを作るのが「職人」です。

京都にも豪商がいましたし、武士も住んでいましたが、なんといっても京都の文化のトップにいたのは天皇でした。皇族の文化が京都のあらゆる文化に影響を与え、沁み渡っています。もちろん、友禅染めも例外ではありません。

 

京都で誕生した友禅染めは加賀(石川県)に伝わります。

友禅斎(承応3年(1654年)?〜元文元年6月13日(1736年7月21日)?))が晩年を過ごしたこの地で友禅染めの技法を伝えたからと言われています。

が、友禅初め以前にも加賀には「梅染め」と言われる梅の皮や根を染料にして赤茶色を染める「赤梅」や黒茶色を染める「黒梅」という色。さらに茜や藍を染める工房が多くあり、「加賀のお国染め」として行われていました。

そこに友禅斎の持ち込んだ技法で表現の幅が広がりました。加賀は「加賀百万石」と言われる歴史ある城下町。顧客も将軍や武家がメインだったと思います。

華やかな文様の京友禅が加賀では写実的で絵画的、武家好みの典雅な文様となり、そして加賀五色を基調とした鮮やかな色合いが特徴となって発展してきました。

 

江戸に友禅が伝わったのは文化文政時代(1804〜1830年)町人文化の爛熟期。

鎖国の世の中は平和を満喫し、人々は歌舞伎を楽しみ、滑稽本や美人画をはじめとした浮世絵が出回り、川柳が流行したのもこの時期です。

京友禅発明者宮崎友禅斎の活躍した時を考えると(承応3年(1654年)?〜元文元年6月13日(1736年7月21日)?))実に100年後のことです。豊かになった江戸の町は当時日本一の人口を誇りました。人が集まれば需要が生まれます。江戸城を抱える城下町の江戸でしたが、文化を発信し、支えたのは町人であり市民でした。ですから友禅染めの顧客も将軍や武家ばりでなく豪商人でした。江戸友禅の糊描きの白さを生かしたくっきりした絵柄と武家好みの吉祥紋や格調高い模様の中でもあっさりすっきりした彩色はやはり、江戸友禅の特徴だと思います。

 

江戸初期の元禄時代(1688〜1704年)も町人文化の時代と言われていますが、このころは上方ー京都大阪発の影響が強い王朝趣味の文化でしたが、この頃になると江戸発信の文化がようやく到来し、友禅染めのこの流れに乗って江戸風に発展していきました。