友禅染めの手順

こちらでは友禅染めの手順を紹介しています。

「一枚の布」〜「一つの物」までの物語。

その1〜下絵って大事!

まず一番最初にすることは「下絵(したえ)」作りです。

全ての工程の中で、一番大事なところです。友禅の下絵は家に例えると、設計図です。

この下絵の良し悪しが友禅の良し悪しも左右します。色の配色は途中で変えることもできるし、色合いを濃くすることで失敗を回避できることもあります。ですが、形は変えられません。全ての工程を分業化している京友禅はもちろん、工程のほとんどを一人の職人が手がけることの多い江戸友禅でも、「下絵(したえ)屋さん」という職業があるほどです。

型染め友禅なら型紙作りがここにあたります。その型を作る時にだって下絵は必須アイテムです。


話は少しずれますが、京友禅が分業制で江戸友禅が一人で行うという違いが出てきたのは、単純に職人のプラミッドの大きさです。

本場の京都には江戸(東京)よりずっとたくさんの職人がいたこと。また、その需要を満たすだけの顧客が昔からいたこと。何しろ京都は天皇が長く住んでいた場所。天皇をトップとした貴族文化が安定して続いていたからです。

それに対し江戸の街は京都よりずっと遅れて現れ、しかも全国各地からの開拓者や移住者でできた町。当時の江戸は京都をはじめとした町々より、ずっと貧乏でした。だから、職人だって少ない。勢い、いろいろな工程を一人でこなさなくてはならなかった、という背景があります。
私の師匠もまた下絵は自分で描くし、ほぼ全て工程を一人で行います。

 

私ももちろん、描きます。必ず原寸大で。

生地の幅通りの紙を用意して描き始めます。

模様のあることろだけを描くんならそこまで紙の大きさは必要ありませんが、その方が出来上がりをイメージしやすいですし、お客様には分かりやすいし、何よりも「描かない空間」を把握しやすいのです。

いかに描かない「隙間」を見せる=魅せるのことができるのか?それはこの下絵の時の塩梅にかかっています。どこもかしこもびっしりと描いてしまったのでは、大量生産のプリント製品とパッと見が大差なくなってしまいます。

 

「手描き友禅のことを知らないお客さまはまさか、一つずつ手描きしているとは思わないでしょう。」「でも他『手描きだからこそ、かえって描かない空間』を自在に作れる、操れる。空間をきちんと描きなさい。」

 

これは私の師匠の言葉です。一昔前の師匠ならこんなことは絶対言ってくれませんでしたし、質問することも叶いませんでした。「黙って見て覚えろ。」だったそうですから。私は恵まれています!ちょっと話が脱線しました。なんだか矛盾するようですが、描かない場所にこそ、作られた空間にこそ、手描きが「生きる」のです。


こちらの下絵は随分とびっしり描いてあるように見えますが、これは作るものが小さかったためです。出来上がりはせいぜい10cm四方。仕立てる前の生地でもせいぜい10×30cmくらい。だから下絵の模様も10×30cmくらいを意識しています。

さらに小さいものも同じです。模様密度の濃い薄いをつけています。ちなみに色の配色もこの時点で決めています。多少変わることもありますが、それは本番の布や革に試し描きをしてみて発色の具合を見て微調整する程度です。

その2〜下絵をトレース!

やっと下絵が出来上がって次にすることは…下絵を生地に描き写す。

地味な作業が続きますが、まぁ、職人の仕事は地味なものがほとんどです。見栄えがするものの方が珍しいんじゃないでしょうか。この作業を飛ばして、次の「糊置き」をする場合もあります。

さて、下絵に上に生地を置くとほとんどの場合は白いまんまの記事ですから下絵が透けて見えます。そこをなぞります。先に生地を染めていたり、生成りのキツイ場合には透けにくいことがありますが、その時はライティングデスクを利用すれば大丈夫。この下絵を写すときには専用の筆と青花(あおばな)という絵の具(?)を使います。この道具についてはまた別の章で。

この作業は下絵や配置を確認するという作業でもあります。この時点で間違いに気がつけばリスクは最小限で済みます。

次の段階だとかなりコストもかかってしまいますから。

地味な作業でもとても大事な行程です。特に、着物制作時で「仮絵羽(かりえば)」をした上で下絵付けをしている時は、この時点で微調整がとっても大事です。

アパレル業界でいうなら仮縫いのようなものでしょうか?

仮縫い専用のモデルさんに実際に着てもらって微調整をすると聞きますから。

面倒な作業と思うかもしれませんが、外せないところです。こう言うところが今まで伝統をつないできた実態の一つだと思っています。

 

その3〜糊置き(のりおき)〜手描きならでは!

下絵描きが終わるとようやく手描き友禅らしい作業が出てきます。

一番「らしさ」を出すための作業かもしれません。

糊で模様を描くのは手描き友禅だけ。

そのため、手描き友禅の職人のことを「模様師(もようし)」を呼ぶこともあります。実際の作業は下絵を布の下に敷いて、透けた絵をなぞります。同時に白いまま残す箇所はべったりを隙間なく糊を置きます。


糊には3種類あります。お米から作った「真糊(まのり)」と合成ゴムから作った「ゴム糊」と松ヤニや樹脂から作った「ダンマル糊」。

当然のことながら一番古くからあるのが「真糊」です。ゴム糊が出てきたのはずっと後、、、で、いつから使われたのがかはまだまだ私の勉強不足で分かりません。(2017年6月現在)でも大正時代にはすでに文房具のゴム糊が売られていたので、その当たりの時代かな。と思ってます。ダンマル糊も同じです。「ダンマル」と言う言葉自体がマレー語の「松脂」や「樹脂」という意味の「ダマール」が訛って付いた名前ですから。道具や材料についてはまた別ページで紹介するとして、作業工程の話に戻します。

ブルーの線がゴム糊、黄色っぽいところがダンマル糊で描いたところ。

現在、手描き友禅の世界で一番使われているのは「ゴム糊」なので、ゴム糊の作業での諸々をお話しします。ゴム糊は真糊に比べ、完治が楽で、真糊よりもくっきりと細いラインが描けます。友禅染の歴史のコーナーの最後の方で出てきた「色糊(いろのり)」はこのゴム糊に染料を混ぜて作ります。

もともと「油と水」くらい相性が合わないものなので、個人で作るには相当の根気がいりますが、仕上がりはとても面白いし模様のバリエーションも楽しいです。
そして、この糊置きが上手く出来るか出来ないかが出来上がったモノの良し悪しを決める最大の天王山!

 

下絵付けの失敗もここでリカバリー出来ますが、糊置きの失敗はなかり致命傷です。下絵付けの失敗なら水で濡らした刷毛でさっと水を引いてやれば、線は消えます。

(水青花に限りますが)ですがゴム糊で失敗したら、専門の業者さんに頼んで、糊を落としてもらわなくてはならないのです。

コストもかかりますし、生地も傷めます。失敗箇所が小さければ、自分で落としたりもで来ますが、いづれにしても余計なテマヒマがかかってしまうのです。

失敗は単に糊を置き間違えたというものもありますが、柄の大きさの適切さも重要なことです。もし、柄が少なければ(小さければ)描き足せばいいのですが、大きすぎた場合はどうしようもありません。この場合、後で行う色差しや地色をいくら地味にしたところで、柄の大きさは変えようが無いからです。

どうやっても場違いな派手さや華やかになってしまいますから。着物をはじめとして若い方のもの、正装には大きく華やかな柄を。年配の方や普段着には小さく落ち着いた柄を。今では着物も以前よりうるさく慣習や慣例を持ってくることはなくなりましたが、それでも基本はありますし、例えば20代の方と80代の方が同じ若い方向けの模様の着物を着るというのは、そうそうあることでは無いと思いますし、普段着の着物にパーティー向けの柄を配置したりはしないと思うのです。

こう言う事で、糊置きは手描き友禅染の工程の中でも特に重要な作業です。職人の腕が良ければ、素人さんの描いたスケッチを元に、スケッチの雰囲気を壊す事なく、糸目糊を置けてしまうのですが…(私の師匠です)。

 

それから大事なのは『白』です。生地の白さを大事に生かす。

どんなものを作るにも生地の白を出す。

私は江戸手描き友禅しか習っていないので、京都や加賀、あるいは型染め友禅はどうなのかは知らないのですが、白の塩梅はとても大事です。

ここで言う「白」は糊置き時に糊でべったりと伏せて(塗りつぶして)仕上がりが真っ白になる箇所です。白もまた色の一つ。

作るものには必ず、白い場所を作ってメリハリをつけます。友禅色差ししたところ、地染めしたところ、糸目糊の糸目の繊細なところ、糊で塗りつぶした白いところ。これらのすべてが揃って柄が生きてきます。

そして、この塗りつぶした白い場所は目の「休憩場所」となります。

あんまりすべてが柄!柄!柄! 色!色!色!だと目が疲れてしまうのです。要は「やり過ぎ」です。特に浴衣を染める時はこの白い場所は多めに! 浴衣の身の上は何よりも「涼しげ」「涼感」ですから。